トップ

リンゴとモモコ

学校で黒板を使用するとき 

学校の先生は毎日、チョークを使う。しかし、チョークは体に悪いと聞いたことがある。手が荒れてしまうそうだ。また、黒板を消す時に出るほこりもあまり吸い過ぎるとせきこんでしまう。先生は毎日毎日、授業をするとき大変だなと思っていた。ある先生がチョークのせいで体調不良を起こしたことがあった。それからはチョークに使われる成分が貝の甲羅の代わって、現在は体に優しくなったそうだ。それでも、チョークを触った後は手を洗うことや、黒板を消す時は窓を開けるなど少しは気を付けた方が良い。学校では給食があるから衛生面でもきうぃ配った方がよいだろう。

姿を変えてゆく黒板について 

学校には黒板があります。先生が子供たちに教えるときに大事なところを黒板に書きます。子供たちはそれをノートに写します。最近はこれが変化しています。大事なところをタブレットを使って解説するようになりました。ITの発展で板書スタイルがだんだん姿を消していっています。字を書くという従来のスタイルは本当は残していきたいものです。字を知らない若い人が増えていますが本当は困ります。学校は字を教える場所ですが先生も字を知らないと本当に困ります。時々学習して字を見直しましょう。自分のためになります。何でもチャレンジしてください。

学校にあるツール情報

新着情報

© Copyright 黒板を使用している学校. All rights reserved.