トップ / 学校教員の環境とストレス

リンゴとモモコ

学校の中における職員の環境 

学校で働く職員は常にストレスにさらされている。近年問題となっているモンスターペアレントをはじめ、情報共有手段の多様化により、教員の目が行き届かない範囲での生徒のいじめなどが発生し、一人の教員では様々な問題に対応できなくなってきている。そのため、せっかく倍率の高い試験を受けて念願の教員となっても、保護者からの様々な要望に応えたり、生徒一人一人のケアも行い、部活のため休日出勤をしなければならないなど、過剰な労働を強いられることもよくある。それだけでなく、生徒や保護者の満足を満たせなかった時には、陰口や文句を言われるなど、様々な方向からのストレスにより、学校をやめてしまう教員も少なくない。

学校の職員の位置づけと意義 

学校にはいろいろな職員がいます。授業を教えたりする教員のほかにも、それをまとめる管理職である校長や教頭、中には副校長がいるところもあります。教員は、専門科目が基本的にはある人が多いのですが、いくつかの科目を教えられたり、教育学部の出身者ではこれといった専門がないこともあります。そのほかに、雑用業務を行う技能員がいたりします。さらには事務室の職員も学校に中では重要な位置づけになります。給食があるところではそういった担当もいます。このように、いろいろな人たちによって支えられているのが、教育現場なのです。

学校にあるツール情報

© Copyright 黒板を使用している学校. All rights reserved.